○酒

俺はまだ未成年です。

その未成年の息子に対し我が母は



「酒買って来い」



と、ためらいなく言います。

しかたがなく酒屋に酒を買いに行ったんです。

さすがに酒屋の中に入るのは気が引けたので

自動販売機で買うことにしたんです。

辺りを確認して金を入れました。

そしていつもの銘柄を探しているときです。



「なぁ兄ちゃん。酒はまだ早いんちゃうか。」



口うるさそうなおっさんに見つかりました。

「酒はなぁ、体に悪いんや!!」

などグダグダ言われました。

だから

「親のを買ったんです」

って言うと

顔と顔がぶつかるぐらい近くに来て

「酒はアカンのや!!」

って怒鳴り散らしてきました。

しかしです。

酒は悪いといいながらこのおっさん











口臭が酒臭い


んですよ。

さんざん道端で怒鳴り散らして

本人は



酒臭い



なんなんだこの矛盾は。

そのことに気付いた俺が反抗的な目をしてたことにさらに激怒

おっさんはむなぐらを掴みながら











酒はなぁ・・・


人間を駄目にするんやぁ!!!!!





と鼓膜が破けるくらい叫ぶんです。

大人は白い目で俺を見ます。

しかしですよ。

なんでコイツに怒られないといけないのか。

その後も同じことを何度も言われました。

やっと終わったかと思うと























「飲みすぎんようにしぃや!」





!?



そう言い放つと

さっそうとバイクで帰っていきました。

あれほど酒は悪いといいながらも











少量の飲酒は許可



しかも













飲酒運転



ホント酒は人を駄目にしますね。



戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO